草木由来の酵素は日本酒製造会社発の酵素サプリ

この「植物生まれの酵素」という商品は、「日本盛」という日本酒ブランドが製造する酵素サプリメントです。日本酒製造ブランドですので、発酵に関してはプロ中のプロであり、安心感があります。
130種類もの原材料を使って、その栄養素をすべて凝縮させ、安心と安全を考慮して作られている製品なのです。身近な野菜やフルーツ、または日常目にすることがないような珍しい野草まで、様々な原料から普段の食事だけでは摂れないような栄養素を補助する健康を応援するサプリです

手軽なのに130種類の原料から栄養が取れる

植物生まれの酵素は、葉野菜22種類、花菜類3種類、茎菜類3種類、イモ類3種類、果菜類10種類、根菜類6種類、穀類7種類、海藻類6種類、柑橘類6種類、果実類21種類、ナッツ類3種類、きのこ類5種類、ハーブ類4種類、豆類4種類、野草27種類といった合計130種類もの植物を使っています。
旬にこだわった野菜や果物から始まり、穀物類や海藻、それから野草もあります。それらの素材の栄養素を無駄にしないための製造方法として、「自然発酵」という方法作っています。
このサプリに使用している原材料の中には、熱を加えることによって本当の栄養素を失ってしまう物もあるでしょう。「自然発酵」という製造方法は、水や火を使用しないで、樽の中で自然の力のみを使用して発酵させる方法。そして、ゆっくりと2年の間熟成させることで、130種類の素材の栄養素が全部活かされているサプリメントが出来たのです。
また、減農薬・無農薬や有機栽培で育てられた野菜・果物を積極的に使っていて、もっと安心して摂取できるようになっています。

植物性乳酸菌もたくさん補給

植物生まれの酵素の中には、2種類の乳酸菌が約11億個も含まれています。その中でも約1億個は「生きたまま腸まで届く乳酸菌」で、他の約十億個は日本酒ブランドならではです。日本酒を絞った後の酒粕には栄養がたっぷり含まれていて、そこには発酵に必須の「酒粕由来の乳酸菌」が多く含まれているのです。
日本盛では酒粕から乳酸菌を採るために、「きもとづくり」という乳酸作りから始めて、時間や手間暇をたっぷりかけて育てた酵母を使用した作っています。これらの製造方法は技術的に難しい上、失敗のリスクも高く、明治以降は市販の乳酸を加える製造方法が中心となっております。そんな中、伝統の酒造りから残った酒粕から「植物性乳酸菌」を採るというのは、メーカーのこだわりなのです
清酒の酒粕由来の「植物性乳酸菌」は、みそや漬物などの発酵食品にも含有されていて、日本人にはなじみ深いものです。それに加え、食物繊維やオリゴ糖も含まれているので、便秘予防や肌トラブル改善など、美容・健康面での効果が期待できるでしょう。
乳酸菌や酵素の働きによって、消化・分解・吸収などの面で体の調子をよくし、健康づくりに効果を発揮するサプリメントです

植物生まれの酵素は製法も丁寧!だから安心して摂取できる

植物生まれの酵素に使用される原材料は、旬の野菜や果物を中心に選んでいます。なるべく農薬の使われていないものや減農薬の素材を使用することで、皮や葉、種など全部使っても安心して飲めるように考えられています。
それと、各原材料ごとにそれぞれのカットの仕方を変えることで発酵しやすいようにし、黒糖と一緒に樽の中に漬け込みます。そして二年の熟成期間を経て、発酵エキスが完成です。それをフリーズドライで粉末にして、乳酸菌、食物繊維、オリゴ糖などを混ぜてカプセルに凝縮したものが「植物生まれの酵素」です。発酵エキスの原液は苦く飲みにくいのだけど、カプセルに凝縮されているので、においも味も気にならないのですごく飲みやすいものです。
最後の検品では人の目での目視検査(割れや傷などがないかのチェック)がされていて、原材料選びから商品化まで、安心安全を一番に考慮して製造されているのが良くわかります。食品衛生法に基づいた一般生菌や大腸菌群の検査、放射能や残留農薬に関する検査も実施済みです。
また、気にかかる添加物ですがムダな着色料・香料・保存料は入っておらず、2種類の製造用剤がごく少量使われているのみなので安心です。

飲み方のこだわりやタイミングは?

植物生まれの酵素は薬ではなく食品なので、飲み方やその分量は決められていません。メーカーの目安として、「飲み始めから二週間は1日4粒一日二粒」が効果的という理由でススメられているのです。飲むタイミングにも決まりはなく、各々の生活スタイルに合わせて朝・食前・食間・食後・寝る前などいつでも良いですが、続けて飲むことで効果を実感できるようです。
子供に飲ませたい場合は、大人より体小柄なこともありますので半量にしましょう。そして、カプセルがダメで飲めないという場合には、中の粉末だけを取り出して飲む方法もあります。水やドリンクなど一緒に摂る飲み物にきまりはありませんので、飲み物に溶かすとより飲みやすいです身近な食品使用したサプリだから安全面での問題はないと考えますが、あまりにも極端な過剰に摂るのは下痢等の症状を引き起こす可能性もあるから、控えたほうがよいと思います。