断食のお供に推奨!優光泉酵素

近頃は酵素飲料を使ったファスティングに注目が集まっています。数ある酵素飲料の中でも優光泉は長い間ファスティングに携わっているプロが製造販売しているもの。それだけ断食の結果も見込めます。ただしファスティングには空腹感がつきもので、はじめから無理な方法をとってしまうと反動から効力にもなりかねません。断食をスタートする前には目的や目標を明確にしておくことが大切です。ここでは優光泉の特質を述べた後、優光泉を活用した4つのタイプの断食をみていくことにします。

優光泉は国産野菜の酵母から製造された酵素飲料

優光泉をはじめ最近では色々な種類の酵素ドリンクが販売されていますが、そもそも酵素ドリンクとは野菜や果物を発酵させた食物酵素を多く含有する飲料であるということができます。
優光泉は原料となる60種類にも及ぶベジタブルや果物をすべて国内産でまかない、しかもそのうちの90パーセントは会社のある地元九州産です。地元で材料を仕入れることができるため、旬のベジタブルや果物を気軽に手に入れることができるのです。もともと旬の野菜は栄養素豊富である上に、優光泉はキャベツ等の葉物ベジタブルの根やゴボウやレンコンといった根菜類の皮や葉の部分まで旬の素材を丸ごと使っていて、栄養豊かな野菜の栄養素を濃く取り出しています。
さらに野菜はジャガイモ・もやし・トマト等の陰性とゴボウ・人参・かぼちゃ等の陽性とに分類できますが、優光泉はこの陰陽も意識したドリンクです。陰性のベジタブルを増やし過ぎて体を冷やすことのないように、陰陽両者の野菜をバランス良くブレンドしています。

砂糖も添加物も未使用!だから体に優しい

販売されている数々のの酵素飲料には、砂糖が活用されています。砂糖、とりわけ白砂糖は、糖質過多による糖化現象や血糖値の乱高下を発生させるもとになりなるべく避けたほうがいいといわれていますが、酵素飲料の原料である野菜と果物のエキスを抽出するために砂糖が不可欠なものとなっていました。
ところが優光泉では野菜や果物を発酵させるのに日本古来の製造法をとっており、白砂糖も黒砂糖も使わず麦芽糖を使って発酵させています。麦芽糖は多糖類で分子が大きいため、腸から徐々に摂取され血糖値の上昇がゆっくりという特質があります。さらにこの麦芽糖は存分に発酵された時には糖分が完全に溶解されて検出されなくなるものです。そのような性質を持った麦芽糖でさえ優光泉では酵素エキスを取り出すための必要最低限の分量だけしか使われておらず、カロリーがなるべく抑えられています。
また優光泉は1ミリリットルの中に数百万個もの酵母菌が生きた状態で含まれている発酵食品。発酵し続けているため、防腐剤等の食品添加物は不要です。また水や各種液糖などで一切希釈しておらず、香料等も添加していない完全無添加の原液100%の酵素飲料です。
このように優光泉に入っているのは、野菜や果物の天然物そのもののみ。優光泉を飲んだ時には大地の恵みが身体に染み込んでくるだけで、味わいも身体にも優しいものとなっています。

優光泉で断食に挑戦

食物酵素を配合している酵素飲料は、体内酵素に作用することにより新陳代謝作用を高める等健康な身体作りに役立つドリンクです。そればかりか多くの食品の滋養分を凝縮しているため、断食をする際の補助食品としての機能も果たします。特に優光泉の開発販売元は、20年以上も以前から酵素の持つ力に着目した断食などを教えてきている断食のプロです。その専門家が長年の経験を生かして開発した酵素飲料が優光泉。優光泉を利用すれば安心して断食にチャレンジしてみることができます。
優光泉の販売元の公式サイトで解説されているファスティング方法は4パターン。
まず最も手軽に挑戦できる方法がプチファスティングで、1日のうち朝食だけの1食を優光泉に置き換えるという簡単な手段です。これは断食ビギナーや無理をしたくない人向けで、数週間から1か月をかけて小さく徐々に結果を出していきます。
その次の段階が、丸1日食事は摂らず優光泉だけを飲用して過ごす1日断食。1日に優光泉20ミリリットルを9回以上摂るだけです。プチ断食に比べて負担は増えますがその分効力も見込めます。
この1日断食をよりハードにしたのが1日ファスティング(1週間延長)です。これは1週間何も食べないというわけはなく、最初の1日は優光泉だけで過ごしますが、その後の2~7日目は朝昼はタイミングに関係なく優光泉だけ夕飯は通常の食事という1日1食を続けます。かなり厳しい内容ですが、より早く優れた結果を出すことができるファスティング方法です。
そして一番厳しいのが3日断食で、これは3日間食事を一切とらず優光泉だけで過ごします。4日目以降6日目までも食事を摂れるのは1日に1回だけなので、最大級の成果は得られるとしてもかなり激しい手段です。

結果を出したいあなたに!理解しておきたい注意点は?

プチ断食や1日断食をしていたらどうしても空腹を感じてしまいます。そのような際に大切なことはすぐ優光泉を飲むこと。忍耐しすぎるとプチ断食の場合には昼と夜で食べ過ぎてしまったり、1日断食であれば途中で耐えきれなくなってしまうリスクもあります。失敗してしまう前に、1回あたり35kcalとローカロリーの優光泉を飲んで空腹感を解消しておくことが重要です。
また断食すると、塩分欠乏により頭痛がしたり眠くなることがあります。ファスティング中であっても、梅干しや塩などで塩分を補給することが大事です。塩分を摂取すれば空腹も満たされることになります。
効果を素早く出したいあまり無理な断食方法をとってしまっては、反動が生じて逆効力になってしまうこともあります。ファスティングを始める前に意図と目標をしっかり設定して、自分に最適な断食方法を見つけることが大切です。テイストも良い優光泉の助けも借りて、理想の体を手に入れて下さい。